通信講座キッパリ

人気記事ランキング

ホーム > ゴルフ > ドライバーで飛距離が出ない、上がらないときの原因と対策

ドライバーで飛距離が出ない、上がらないときの原因と対策

ドライバーとは一番飛距離が出るゴルフクラブですが、プロのようになかなか飛距離が出ない、または最近飛距離が伸びなくなってきたと感じている方も多いでしょう。豪快なショットで空を一直線に切るようにボールを飛ばすのはとても気持ち良いですよね。

 

飛距離を伸ばすための3要素

 

ゴルフも他の球技と同じく、基本的にボールに働く運動エネルギーが大きい程より遠くへ飛びます。ゴルフの場合は体とボールの間にあるクラブを上手く扱えるかどうかがカギになるのですね。これを踏まえた上で、ボールをより遠くへ飛ばすために必要な3つの要素をもう一度押さえておくことが大切です。

 

ボールの初速

 

ボールの初速が早ければ早いほど飛距離が出ます。そのためにはヘッドスピードとミート率を上げることが重要です。

 

スピン量

 

ボールにかかる回転量のことで、特にバックスピンのことを指します。ボールに適度なバックスピンがかかることで揚力が生まれ、飛距離が出ます。バックスピン量が足りないと打ち出し角度不足と失速の原因となります。またアマチュアに多いのがバックスピン量が多すぎるために打ち上げのような状態に陥り全く飛距離が出ないというケースです。力任せに押し出したりするとこのようなことが起こってしまいます。一般的に適度なバックスピン量は22002400回転の間であると言われています。3000回転以上になると打ち上げに近い状態になってしまいます。

 

打ち出し角度

 

適切な打ち出し角度を維持できればより遠くへボールを飛ばすことができます。そのためには、スイートスポットと呼ばれる、クラブのヘッドからボールに対して一番ダイレクトに力がかかる部分にボールを上手く当てる必要があります。

 

この3つの要素が重なり合ってボールの飛距離を決めます。なかなか飛ばせなくて悩んでいる方はこのうちのどれかに問題があります。本記事では、ショットを打つ際に正しい体の使い方ができているのか、というフィジカルな観点と、そもそも適切なドライバーを使っているのかというハード要素の観点から原因と対策を考えていきます。

 

ショットを打つ際の体の使い方を見直す

 

まずはフィジカル面、すなわち正しいフォームでショットを打てているのかを確認しましょう。あくまでもドライバーで飛距離を出すためのフォームということです。

 

ムダのないダウンスイング

 

まず基本となるのがダウンスイングです。トップを上げた状態(振りかぶった状態)は言わばパワーをためている状態です。そこからいかにスマートに振り下ろしボールに力を伝えるか、が大切なのです。具体的にはトップを上げたら、左足のかかとを踏み込んでからクラブを振り下ろすようにします。体の下から力をかけていくイメージです。これで体全体を使ってスイングができます。

 

アドレスをしっかり作れているのか

 

ゴルフは前傾姿勢で行うスポーツですが、この姿勢=アドレスの作り方がとても重要です。遠くにボールを飛ばすためにはまず体重移動をしやすくするために、できる限りスタンスを広めに保ちます。背筋を伸ばし、足の付け根を曲げお尻を突き出すようにして前傾姿勢を作ります。軽く膝をまげ、手をリラックスさせた状態でグリップします。そして大切なのが、体の重心をかかとに持っていかないようにすることです。これはお尻が下がり全体的に姿勢が悪くなることを防止するためです。体の重心はつま先にかけるようにするのがベターです。

 

正しい加速と減速を行っているか

 

ゴルフのスイングの動きを一連で見ると、動きが止まるポイントが2箇所あります。トップを上げ切ったところと、ダウンスイングしボールをヒットした後です。この2つのポイントでしっかりと動きを止めているでしょうか。釣りで竿を投げる時や野球でピッチャーがボールを投げる時など、あらゆる動作は、加速と減速を上手く利用してエネルギーをコントロールしています。クラブがトップにある状態から一気に振り下ろして加速させ、ボールを打った後は減速して止まるという動作を行うことにより、特にボールを打った直後にクラブ(シャフト)が持つしなりが効果的に作用しボールを前へ押し出してくれます。

 

インパクトの際に腰を回せているか

 

一連のスイングの動作が上手くできても、腕以外の体が止まっているとボールを打つまでに減速してしまいます。ダウンスイングでボールを打つ=インパクトまでにボールを飛ばしたい方向に向かって腰をしっかり回しましょう。これがボールの加速につながります。具体的には胸の部分を固定し、へそを回すイメージで体を回転させます。

 

とても基本的なことばかりですが、ついつい自己流で練習しているうちに悪い癖がついてしまっているものです。しっかりと自分のフォームを見直す必要があります。

 

 

 

適切なドライバーを選ぶ際の注意点

 

今度はハード面、すなわち現在使用しているドライバーそのものの見直し方を考えていきましょう。ドライバーを自分に合ったものに変えることで、比較的短い期間で飛距離の悩みを解消することができます。ドライバーは飛距離を出すための道具で、理論上男性なら平均230ヤード、女性は平均180ヤード飛ばすことができますがその分扱いが難しいのです。飛距離が出なかったり、なぜかスライスしたりなどの不具合がある場合、そもそもドライバー自体が自分に合っていないということが考えられます。

 

ドライバーの長さが合っているのか

 

振りやすいからと言ってついつい短いドライバーを選んでいないでしょうか。安易なドライバー選びが失敗の元にもなります。クラブが長いほどスイングした時の半径が長くなり、先端に大きな遠心力が働きます。すると、ヘッドにかかるエネルギーも比例して大きくなります。よって、自分が振り切れる範囲内でできるだけ長いドライバーを選ぶと、ヘッドスピードが上がることにつながります。一般的にシャフトを1インチ長くすると、ヘッドスピードが秒速1メートル速くなって、結果7ヤード距離が伸びると言われています。ただし長すぎるとコントロールが不可能になりミート率が落ちるので、あくまでも自分の体に合った範囲内で選んでください。

 

ヘッドの重さや大きさは適切か

 

ドライバーの長さとも関連しますが、あまり体力に自信のない方は「軽い=扱いやすい」と考えてしまいがちです。ですが、軽くて振りやすいと感じるクラブは使っているうちに手打ちのような状態にになり、スイングが不安定になってしまうというデメリットがあります。ヘッド部分が重ければ重い程、慣性モーメントが上がってスイングの安定感が増し、さらにボールに働く力も大きくなり飛距離アップにつながります。こちらも自分が振れる範囲で可能な限り重くして見ると効果があります。またヘッドの大きさも大切です。ヘッドがある程度大きいと、ショットの際にスイートスポットを外したとしても、ある程度ヘッドからの力をボールに伝えてくれるのでミスを減らすことができるのです。近年主流の420cc460cc程度の大きさがあれば問題ありません。

 

シャフトの「しなり」が自分とあっているか

 

シャフトはドライバー選びの要と言われるくらい重要なものです。シャフトとヘッドの組み合わせは無数にあり、これはもう自分の体と相性の良いものを探す以外ありません。シャフトの硬さによってボールを打った時の感触やしなり方にかなりの差がでてきます。

 

シャフトの硬さを判断する目安として「振動数」と「CF(センターフレックス)値」を参考にしてください。振動数は手元側の硬さの度合いを、CF値はシャフト中間部の硬さの度合いそれぞれを計った数値で、ともに数値が大きい程硬いということになります。また、もう1つ重要な値としてトルクというものがあります。トルクは、シャフトのねじれ度合いを示す指標で、数値が大きいほど、よくねじれるシャフトということを表します。よくねじれる、ということは手の動きとヘッドの動きの関連性が薄くなる、例え手元がくるって余計な動きをしたとしてもヘッドがちゃんと元の位置に戻ってくるということで、初心者やスイングが不安定なプレーヤーはトルクが大きいと助かるのです。逆にトルクの数値が小さいほど手元の動きとヘッドの動きが密接になり、手元での細かいニュアンスをよりダイレクトにボールに伝えることができます。こちらは上級者向きですね。

 

さて、このシャフトの硬さの種類によって以下のように4タイプが存在します。自分のスイングの特徴をつかみ、中でもトップの位置でのシャフトのしなり具合(タメの強さ)に注目して、自分にあったものを判断しましょう。

 

・シャフトの手元が硬く、先端が柔らかいタイプ(先調子)トップでタメの強い人や、切り返しのタイミングが早い人向けで、必要以上にシャフトがしなってしまうのを防いでくれます。

 

・手元が柔らかく、先端が硬いタイプ(元調子)トップであまりタメを作らず、腕とクラブをワンピースで振る人やトップからの切り返しがゆっくりな人はタイミングが取りやすく安定感が増します。

力が弱かったり、女性のプレーヤーにびったりです。

 

・手元が硬く、先端も硬いタイプ(中調子)どちらも硬いため、スイングした時にシャフト全体が均一にしなるように感じられます。万人向けのオーソドックスなシャフトと言えます。

 

・手元と先端の両方が柔らかいタイプ(ダブルキック)トップで手元がしなり、インパクトで先端が動くのが特徴です。手元の柔らかさがタメの少なさを補ってくれ、しなる量が大きいシャフトです。

 

ドライバーの重心の位置が合っているか

 

ドライバーの特性として重心よりも上でボールを打つことで飛距離を出すことができます。そのため、まだ歴の浅いプレーヤーにとって低重心のドライバーを選ぶことで状況が改善するかもしれません。

ただし、ヘッドスピードの遅い人が低重心ドライバーを使ってしまうと、元々少ないバックスピン量がもっと減ってしまいボールの失速につながってしまうので注意が必要です。

 

 

フィジカル面からアプローチをする場合、すなわち体の使い方を見直し飛距離が伸びるように自分の悪い癖を直す方法は結果が出るまでには時間がかかり、長期的な方法と言えます。これはプロに習う、または自分のスイングなどを動画で撮影して研究するなど努力が必要です。それに対して、ドライバーを変える方法は短期的な解決法と言えます。ドライバーの相場は1万円前後で、中には1本数万円するものもありますが、高ければよいというわけではありません。これも専門ショップの店員さんにアドバイスをもらいながら最適の1本を見つけてください。飛距離は誰でも伸ばせるようになります。

http://rizapgolfer-osaru.com/